ブログ

  • 病気になりにくい身体とは。。。

    2016年11月21日

    みなさんこんばんわ。

    ともしび整体院院長の坂出です。

    本日は『病気になりにくい身体とは。。。』というお話です。

    病気とは身体の外部、内部に存在する悪いものに

    身体の【気】が負けてしまうことによるものです。

    この【気】は生まれ持って両親から授かったものと食事等で後天的に蓄えるものがあります。

    生まれながらにして病気になりやすい(小児ぜんそくなど)は両親から授かった【気】が少ない可能性があります。

    そのため、バランスの取れた食事をすることで後天的に【気】を蓄える必要があります。

    しかし、この【気】は腎臓という臓器がしっかりと働いていないと蓄えることが出来ません。

    ですから、腎臓のメンテナンスをすることが元気になる秘訣です。

    ぜひ、当院に一度足を運んでみてはいかがでしょうか?